・ 感染性病原体 O−157 について。(Wikipediaへリンクしています)

昨今、食中毒の原因となって人体へ悪影響を及ぼす細菌の活動は小康状態と思われがちですが、再び飲食関係の現場から我々の生活の中へ。

新型インフルエンザが今期の秋から冬にかけて猛威を見せる様相の中、健康管理や衛生管理はより一層注意深く行う必要があります。

また、介護老人施設等でO−157が発生した場合、普段は一般廃棄物扱いだった”おむつ”の廃棄方法は特別管理産業廃棄物の感染性分類になりますので、関係各所の方々は特別管理産業廃棄物許可を有する業者へ廃棄処分の依頼をお願いします。